カリスマ転落

なぜルノーのボロレCEOは「突然」解任されたのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
共同記者会見で話し込むルノーのティエリー・ボロレCEO(左)とジャンドミニク・スナール会長(肩書きは当時)=横浜市西区の日産自動車グローバル本社で2019年3月12日、玉城達郎撮影
共同記者会見で話し込むルノーのティエリー・ボロレCEO(左)とジャンドミニク・スナール会長(肩書きは当時)=横浜市西区の日産自動車グローバル本社で2019年3月12日、玉城達郎撮影

日産「集団指導体制」へ(3)

 カルロス・ゴーン前会長らトップの相次ぐ“失脚”に揺れる日産自動車で、今度は連合を組む仏ルノーのトップが解任される事態が起きた。ティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)が10月11日に開かれたルノーの取締役会で突然、解任された。ボロレ氏は日産の取締役も務めている。いったい何があったのか。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1186文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz