経済プレミア・トピックス

松戸市「すぐやる課」50年“いま会いにゆきます”の心

川村彰・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
記念式典であいさつする本郷谷健次・松戸市長=2019年10月6日撮影
記念式典であいさつする本郷谷健次・松戸市長=2019年10月6日撮影

 千葉県松戸市役所に全国で初めて設置された「すぐやる課」が50周年を迎え、記念式典が10月6日に行われた。

 毎年恒例の「松戸まつり」で街がにぎわう中、式典のあいさつに立った本郷谷健次・松戸市長は「課の精神をこれからも引き継いでいく」と力強く宣言。続いて「すぐやる課」初代課長ら功労者への感謝状が読み上げられると、参列した市民から大きな拍手が起こった。

 「すぐやる課」は1969年、ドラッグストアチェーン大手「マツモトキヨシ」の創業者で、当時は松戸市長…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1750文字)

川村彰

経済プレミア編集部

1974年静岡県生まれ。広告記事等のフリーライターを経て、2015年4月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。