人生に必要な「おカネの設計」

幼保無償化「浮いた2万円どうする?」30歳ママの悩み

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA美さん(30)は保育園に通う3歳の子供がいます。10月から始まった幼児教育・保育の利用料無償化の対象となり、給食費などを除き月2万円ほど家計の負担が減ります。このお金の使い方に悩んでいます。周囲には子供の習い事を増やそうと考えているママ友が多く、A美さんも英会話教室に入れることを検討しています。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1740文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。