サイバー攻撃の脅威

北朝鮮ハッカーに狙われた?元韓国高官の個人メール

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 政府の高官を退いた人の個人メールアドレスは、サイバー攻撃者にとって格好の標的だ。現役の高官と強いつながりを維持しており、政権内の事情にも詳しい。しかも、退任後は、強固なサイバーセキュリティー対策が施された政府のITシステムを使えないので、攻撃を仕掛けやすい。

 朝鮮半島では不透明な状況が続く。北朝鮮が繰り返しミサイルを発射している背後でサイバー攻撃が行われている。北朝鮮が今年7月中旬から8月中旬にかけて、韓国政府の元高官らを標的にしたサイバー攻撃を行っていたと、韓国のサイバーセキュリティー企業が指摘した。

 この企業は、北朝鮮からのサイバー攻撃を専門に監視している「イシュー・メイカーズ・ラボ」だ。同社によ…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1368文字)

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。