ニッポン金融ウラの裏

“冬の時代”から復活した商社と銀行はどこが違うのか

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

 低金利・低成長に苦しむ銀行業界は復活できるのか。20年余り前に、いまの銀行と同様に、先行きが危ぶまれた業界がある。それは「総合商社」だ。総合商社はバブル期に不良債権を背負い、取引先の「商社離れ」もあって「役割を終えた」と見られ、「冬の時代」と言われていた。だが、近年は見事に復活している。そこで総合商社の幹部に、元気を取り戻した理由を尋ね、「銀行復活」のヒントを探ってみた。

 ある大手総合商社のトップはこう切り出した。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1209文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。