MRJが世界を飛ぶ日

三菱スペースジェット「6度目の延期?」現場で何が

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
今年のパリ航空ショーに参加したスペースジェット=三菱航空機提供
今年のパリ航空ショーに参加したスペースジェット=三菱航空機提供

 三菱航空機が開発する国産初のジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ=三菱リージョナルジェット)の開発がまたもや遅れている。ANAグループへの1号機納入は2020年半ばの予定だが、これに間に合わせられるかはかなり厳しい状況になってきた。

 国土交通省や米連邦航空局(FAA)から安全性の証明を得る「型式証明」の取得にいまだに手こずっている。これは本来ならそろそろ取得していなければならない。大きな理由は、追加で投入予定の試験機の製造が遅れているためだ。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1494文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。