マンション・住宅最前線

20代新婚夫婦「マンションより戸建て」を選ぶ理由

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 来年、結婚を控えたサラリーマンのY氏は現在、親元に暮らしている。結婚を機に巣立ち、新居を求めることになるのだが、賃貸を借りる、という発想はない。ファイナンシャルプランナー資格を持つY氏は「賃貸を借りるのは損だ」と考えている。

駅近マンションは高騰

 賃貸を借りる費用を頭金にすれば、マイホームの購入は可能と計算した。そこで、最初に探したのは、通勤に便利な場所の新築分譲マンション。子どもはつくっても1人だけ、と結婚相手と話しているので、3LDKは必要ない。2LDKで十分だ。

 2年ほど前であれば、東京都内の大田区や川崎市内、横浜市内で4000万円台の2LDKを探すことは容易…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1359文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。