食の情報ウソ・ホント

ホームセンターでも買える「除草剤」本当に危険なの?

小島正美・「食生活ジャーナリストの会」代表
  • 文字
  • 印刷
 
 

 世界中で広く使われ、ホームセンターでも売られている除草剤「グリホサート」が逆風にさらされている。発がん性をめぐり米国では訴訟が相次ぎ、日本国内でも使用禁止を求める動きが出てきた。本当に危険なのだろうか。

米で訴訟続発

 グリホサートは、米化学大手の旧モンサント(独化学大手バイエルが2018年に買収)が1974年に開発し、農業をはじめ家庭園芸にも広く使用される除草剤だ。商品名は「ラウンドアップ」で、グリホサートは成分名だ。ほとんどの雑草を除草でき、散布すると短時間で土壌に吸着されて分解されることから、環境汚染の可能性が小さく、安全性が高いとされ、世界160カ国以上で使用されている。

 潮目が変わったのは15年。世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)が、グ…

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1830文字)

小島正美

「食生活ジャーナリストの会」代表

 1951年愛知県犬山市生まれ。愛知県立大学卒業後、毎日新聞社入社。松本支局などを経て、東京本社・生活報道部で主に食の安全、健康・医療問題を担当。「食」をテーマとして活動するジャーナリスト集団「食生活ジャーナリストの会」代表。著書多数。