嫉妬をとめられない人

「嫉妬が大学院に進む力に」女性精神科医が振り返る

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
インタビューに答える片田珠美さん=2019年3月22日
インタビューに答える片田珠美さん=2019年3月22日

「嫉妬に苦しんだ過去」片田珠美さんに聞く(2)

 精神科医の片田珠美さんは、勤務医としてのキャリアをスタートさせた20代のころ、有名な病院に勤務する女性の精神科医に嫉妬し、苦しんだ。片田さんのインタビューの2回目をお届けする。【聞き手は経済プレミア編集部、今沢真】

 <片田さんは、精神科病院や総合病院の精神科で数多くの統合失調症の患者を目のあたりにした。そして、治療するだけでなく、患者の症状を記録し、病気のメカニズムを解明して発信したいと考えた。そして、京都大学の大学院で精神分析を研究する道に進む>

 ――京大大学院に進んだきっかけは何だったんですか。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1179文字)

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。