熊野英生の「けいざい新発見」

「タピオカはイノベーション」経済学でブームを斬る

熊野英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
第3次ブームを迎えているタピオカ=東京都渋谷区で、2019年7月9日、待鳥航志撮影
第3次ブームを迎えているタピオカ=東京都渋谷区で、2019年7月9日、待鳥航志撮影

 タピオカブームは2019年を象徴する出来事だ。正直、18年もヒットしていて今年は終わると思っていた。予想に反して、需要の裾野はもっと広がった。

 その経済効果として注目するのは、地価に対する押し上げ効果である。目抜き通りにタピオカ屋が集中して出店していたり、商店街の空き店舗にタピオカ屋が間借りしたりしている。タピオカ屋が出店してくれるから、その商業地の地価が下がらずに維持される。

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1726文字)

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。