スルガ銀行 不正の構図

スルガ銀1兆円不動産融資「正常先たった17%」の衝撃

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行の9月中間決算を発表する有国三知男社長(右)ら=静岡県沼津市内で2019年11月14日、今沢真撮影
スルガ銀行の9月中間決算を発表する有国三知男社長(右)ら=静岡県沼津市内で2019年11月14日、今沢真撮影

一棟収益ローン(1)

 シェアハウス向け不正融資が発覚した地銀、スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)は11月14日、2019年9月中間決算を発表した。そのなかで「一棟収益ローン」と呼ばれる1兆円余りの投資用不動産向け融資について、「債務者区分」を初めて公表した。「債務者区分」は融資先をランク付けしたもので、「不良債権かどうか」の判断基準になる。それが驚くべき内容だったのである。

 まず、この「一棟収益ローン」の問題が、スルガ銀行の経営にどれほど影響するかを説明する。スルガ銀行は…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1430文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz