経済プレミア・トピックス

拍子抜けヤフーLINE統合会見「新サービスって何?」

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
経営統合の記者会見で、笑顔で握手するZホールディングスの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=東京都港区で2019年11月18日、吉田航太撮影
経営統合の記者会見で、笑顔で握手するZホールディングスの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=東京都港区で2019年11月18日、吉田航太撮影

 検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリ大手LINEが11月18日、経営統合することで基本合意した。IT大手が手を組み、グーグルなど米4社の「GAFA」や中国の巨大IT企業に対抗する「第三極」を目指すと表明したことは、ビッグニュースに違いない。しかし、肝心の新サービスをめぐっては具体策に乏しく、拍子抜けした記者会見だった。

 「日本、アジアから世界をリードする人工知能(AI)テック企業を目指していく」「GAFAが世界で大きなサービスを提供しているが、我々が世界に羽ばたき、第三極を作っていきたい」

 東京都内で18日夕開いた記者会見で、ZHDの川辺健太郎社長はこう力を込めた。経営統合するLINEの出沢剛社長とともに、米中の巨大IT企業に危機感を表明し、AIを使った新サービスで対抗していく考えを表明した。

楽天抜き「国内最大」だが

 両社が経営統合すると、1億人超の…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1457文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部