職場のトラブルどう防ぐ?

「新卒で契約社員」24歳女性が感じた“正社員との差”

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A子さん(24)は昨春大学を卒業し、誰もが名前を知る大企業B社で「契約社員」として働いています。当初は大企業で働く自分を誇らしく感じていましたが、入社2年目になって「契約社員」のまま働き続けることに不安を感じています。

働きやすく残業もほぼなし

 A子さんは地方出身で、親元を離れて大学に通っていました。就職活動では大企業を希望しましたが苦戦しました。ある時、B社が新卒・第二新卒で「契約社員」を募集していることを知りました。労働条件を確認すると、勤務日数や勤務時間は正社員と同じで基本給もほぼ同額でしたが、ボーナスや退職金はなしでした。勤務地は本社です。早く就職を決めたいという思いで採用試験を受け、契約社員として内定を得ました。

 A子さんは無事に大学を卒業し、4月にB社へ入社しました。入社式は正社員も一緒で、そこに同じ大学のC…

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2261文字)

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/