嫉妬をとめられない人

「努力は必ず実を結ぶ」女性精神科医の“苦節十余年”

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
精神科医の片田珠美さん=2019年3月22日
精神科医の片田珠美さん=2019年3月22日

 「嫉妬をとめられない人」(小学館新書)の著者で精神科医の片田珠美さんには、40冊以上の著書がある。2001年に初めて本を出版し、しばらくはどの本も売れなかった。そうした下積みが今につながっているという。自ら経験した「嫉妬」をめぐる片田さんのインタビューの最終回をお届けする。【聞き手は経済プレミア編集部、今沢真】

 ――片田さんが出版した本のなかで一番売れたのは?

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1222文字)

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。