カリスマ転落

日産新社長会見「ルノーとの資本関係見直し」は封印?

編集部
  • 文字
  • 印刷
日産の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、記者会見であいさつする内田誠氏=横浜市西区の日産自動車グローバル本社で2019年12月2日、滝川大貴撮影
日産の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、記者会見であいさつする内田誠氏=横浜市西区の日産自動車グローバル本社で2019年12月2日、滝川大貴撮影

 日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)に12月1日付で就任した内田誠氏(53)が2日、お披露目の記者会見を横浜市の本社で行った。焦点は、昨年11月のカルロス・ゴーン前会長の逮捕以降、急激に悪化した仏ルノーとの関係だ。内田氏は「ルノーと経営統合といった話は現時点で一切していない」と述べ、まず日産の業績回復に全力で取り組む姿勢を強調した。

 ルノーは日産に43%を出資している。一方、日産はルノーに15%出資しているが議決権はない。ゴーン前…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1102文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz