ニッポン金融ウラの裏

金融機関は戦々恐々「オンライン仲介業」は誕生するか

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 金融庁の作業部会で、新しい仲介業者の導入に関する議論がヤマ場を迎えている。銀行、証券、保険に関わる幅広い分野の金融商品を個人に販売する仲介業者を認め、それをどう規制するかについての検討だ。

 この作業部会は金融庁が設置した「決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキンググループ」だ。ここで集約された内容次第では、金融業界に大きな波が押し寄せることになる。幅広い分野の金融商品を一手に扱う「オンライン仲介業者」が登場する可能性があるからだ。

 金融商品を一手に扱う仲介業が認められれば、ネットビジネスに強い企業の新規参入も見込まれる。楽天やヤフー・LINE連合といったIT企業や、ネットワーク型ビジネスに強い新たなフィンテック業者だ。そして、そうした業者が、個人との取引に関する金融の「リテール分野」で、主導権を握るかもしれないのだ。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1292文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。