海外特派員リポート

日銀とは大違い?「英中央銀博物館」の人気にびっくり

横山三加子・毎日新聞欧州総局特派員(ロンドン)
  • 文字
  • 印刷
金融政策の難しさを船乗りになった気分で体感できるゲーム「かじを取れ!」=ロンドンで11月13日、横山三加子撮影
金融政策の難しさを船乗りになった気分で体感できるゲーム「かじを取れ!」=ロンドンで11月13日、横山三加子撮影

 金融の中心街ロンドン・シティーについて理解しようと、取材の合間に英国の中央銀行・イングランド銀行の博物館に入ってみた。無料ということもあり、さほど期待もしていなかったのだが、入館してすぐに驚かされた。

 最初に目に飛び込んだのは、船を模した展示コーナーで、テーマは金融政策。経済担当記者の私にはありがたい展示だが、正直、一般受けはしないのではないか。2%の物価上昇目標について「経済が成長すれば、雇用を創出することができます」と解説していた。

 さらに「物価が上がりすぎれば将来予測が難しくなって…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1887文字)

横山三加子

毎日新聞欧州総局特派員(ロンドン)

1981年、埼玉県生まれ。法政大学社会学部卒。2004年、毎日新聞社に入社。岡山支局、大阪本社経済部を経て13年から東京本社経済部。電機・通信業界、経済産業省や財務省、財界などを担当。19年10月から現職。