知ってトクするモバイルライフ

5万円台で高機能「中国スマホ・シャオミ」日本進出

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
日本参入第1弾モデルとなるミーノート10
日本参入第1弾モデルとなるミーノート10

 “中国のアップル”と言われ、スマートフォンの世界シェア4位の中国シャオミが12月9日、日本市場に参入することを明らかにした。第1弾として「ミーノート10」を12月16日に発売した。また、上位版でカメラレンズなどの機能を強化した「ミーノート10プロ」も同23日の発売予定だ。価格はミーノート10が5万8080円、ミーノート10プロが7万1280円。SIMフリー機としてアマゾンで販売される。

 ミーノート10、10プロは、1億800万画素のカメラを搭載したシャオミの高機能スマホ。一般的な高機能スマホの画素数は1200万画素から4000万画素程度だが、2倍以上の画素を搭載した。細部まで鮮明に写せるだけでなく、大きなサイズで写真が撮れるため、ズームした際に一部を切り出して使うこともできる。

 カメラは計五つ。1億800万画素のカメラ以外にも、光学とデジタルズームを合成させて10倍まで拡大できる望遠カメラや、ポートレート撮影用の2倍カメラ、超広角カメラ、接写用のマクロカメラを搭載した。

 中央演算処理装置(CPU)は「スナップドラゴン730G」で、処理能力は旗艦モデルより一段劣るが、カメラ評価機関「DxOマーク」による画質の評価では、ファーウェイの「メイト30プロ」と並び、ミーノート10プロが世界1位につけている。

 シャオミは2010年に創業し、低価格なスマホでシェアを拡大。16年から国際展開を強化している。スティーブン・ワン・東アジア担当ジェネラルマネジャーによると、日本参入も国際展開強化の一環だという。約4年の時間がかかったのは「日本は複雑なマーケットで、我々の経営資源も足りなかったから」と話す。

 ワン氏は、このタイミングで参入を図った理由に、競争環境の変化を挙げる。

 一つ目が、電気通信事業法の改正だ。10月1日に施行された…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1580文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。