経済プレミア・トピックス

「この工事は変だ!」談合と戦った勇気あるマンション

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 マンション大規模修繕工事で、管理組合を支援する設計コンサルタントが、施工業者と組み、工事費をつり上げる――。談合の手口は巧妙だが、それを見破り、契約を押しとどめたマンションもある。問題に取り組んできた団体の代表者らが状況報告するシンポジウムから、最終回の報告をお届けする。【毎日新聞経済プレミア・渡辺精一】

 報道で談合問題の存在が広まり、管理組合は警戒するようになった。だが、不適切コンサルの手口も巧妙になり、結局だまされてしまう管理組合は少なくない。

 「だが『知らないうちに』ではなく『何かおかしい』と気づいたのに止められなかかったケースも多い」。マンションコミュニティ研究会代表の廣田信子さんは指摘する。同研究会は、マンション住民がつながるコミュニティーの支援活動を行っている団体だ。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1710文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。