カリスマ転落

日産に「ルノーの尻拭い」をさせたゴーン前会長の圧政

編集部
  • 文字
  • 印刷
カルロス・ゴーン日産自動車前会長=2019年5月23日、玉城達郎撮影
カルロス・ゴーン日産自動車前会長=2019年5月23日、玉城達郎撮影

「ゴーン前会長の失敗」法木秀雄さんに聞く(4)

 日産自動車の業績は、絶好調から急降下した。一方、日産の筆頭株主、仏ルノーの業績も低空飛行が続いている。元北米日産副社長の法木秀雄さんは、カルロス・ゴーン前会長の経営改革はルノーでは成功せず、「日産がその尻拭いをしてきた」と指摘する。インタビューの最終回をお届けする。【聞き手は経済プレミア編集部、今沢真】

 ――ゴーン前会長は日産とルノーの両方のトップでしたが、ルノーの経営改革はうまくいきませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1361文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz