カリスマ転落

ゴーン被告は会見で日本メディアを「選別」したのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見に臨むカルロス・ゴーン日産自動車前会長=ベイルートで2020年1月8日、AP
記者会見に臨むカルロス・ゴーン日産自動車前会長=ベイルートで2020年1月8日、AP

逃亡先レバノンでの記者会見(1)

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が1月8日、逃亡先のレバノンで記者会見を行った。会見に出席したのはゴーン前会長から選ばれた世界のメディア約60社とされている。日本からも多数の報道関係者が押しかけたが、会場に入れたのは3社だけだった。

 その3社とは朝日新聞、テレビ東京、そして小学館だ。朝日新聞は2018年11月にゴーン前会長の逮捕を他社に先駆けて報道した経緯がある。テレビ東京は日本経済新聞の系列放送局で、ゴーン前会長は逮捕される前に、夜の経済ニュース番組にたびたび登場していた。

 意外だったのは小学館が選ばれたことだ。小学館は週刊ポストの取材班を送り込んでいた。週刊ポストはゴー…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1335文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz