経済プレミア・トピックス

米イラン対立で波乱の幕開け「2020日本経済」の行方

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
日経平均株価が下落し、600円以上の大幅な値下がりを示す株価ボード=東京都中央区で2020年1月8日、吉田航太撮影
日経平均株価が下落し、600円以上の大幅な値下がりを示す株価ボード=東京都中央区で2020年1月8日、吉田航太撮影

 2020年の日本経済はどうなるのか。昨年末12月30日の日経平均株価は2万3656円62銭で、年末終値としては1990年(2万3848円71銭)以来29年ぶりの高値となった。ところが年明けは一転、米国とイランの対立を背景に急速に株安・円高が進む波乱の幕開けとなった。日本企業の経営トップはどう見ているのか。

 新年最初の取引となった1月6日の大発会は、日経平均株価が前年末終値から一時500円以上も下落。外国為替市場では安全資産とされる円が買われ、円相場は一時約2カ月ぶりの高値となる1ドル=107円台後半まで上昇した。原油価格も上昇し、米中貿易交渉の一部合意で広がった楽観ムードは、中東情勢の不安から一変した。

 大発会の翌7日は、日本商工会議所、経団連、経済同友会の経済3団体による新年祝賀パーティーが東京都内で開かれた。安倍晋三首相や経営トップら政財界の約1800人が出席。話題は当然、米中貿易戦争や中東情勢…

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1566文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部