ニッポン金融ウラの裏

株価指数「TOPIX」証券取引所が運営する問題点

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
東京証券取引所=2018年11月18日、銅崎順子撮影
東京証券取引所=2018年11月18日、銅崎順子撮影

 資本市場の懸案の一つだった東証の市場再編問題が昨年末に決着した。「決着」と言うより、市場改革の方向性が定まったといったほうが妥当だろう。そこで、取り残されたテーマが浮き彫りになってきた。日本市場の代表的な株価指標である「TOPIX(トピックス、東証株価指数)」のあり方である。

 まず決着した市場再編の内容を振り返る。金融庁の金融審議会が12月に公表した報告書によると、第1部、第2部、マザーズ、ジャスダックとなっている現状の市場区分を、「プライム」「スタンダード」「グロース」という3市場に再編する。プライムなど各市場の定義を明確にし、新たな上場基準を定める。

 第1部の上場企業は現状約2150社あり、残る3市場の合計約1500社を大きく上回っている。市場関係…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1288文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。