週刊エコノミスト・トップストーリー

「グノシー」を生んだ東大・松尾研の起業精神

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
松尾研の様子(松尾研提供)
松尾研の様子(松尾研提供)

 大学発ベンチャーの創出数が271社(経済産業省の2018年度調査)と最多の東京大学。中でも日本の人工知能(AI)研究をけん引する松尾豊・工学系研究科教授の研究室は、創出数約10社と他を圧倒する。なぜこれほどの起業家が生まれるのか--。週刊エコノミスト1月21日号の巻頭特集「日本を救う 大学発ベンチャー」よりダイジェストでお届けする。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文1963文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。