経済プレミアインタビュー

サービス業が時短に成功するには「AIよりも人手」

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 中小企業の生産性向上の成功事例から労働時間短縮(時短)の手法を探る「時短の科学」(日経BP社)の著者、内藤耕さん(53)は、人工知能(AI)やロボットなどのIT化や機械化による業務効率向上を懐疑的に見ている。また開店前の朝礼や掃除の時間も必要ないという。インタビューの2回目をお届けする。【経済プレミア編集部・田中学】

 ――人手不足に対してAIやロボットを導入するケースがあります。

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文1911文字)

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。