ニッポン金融ウラの裏

銀行業界で取り組む「子どもの貧困支援」広がりは?

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
全銀協の説明会で、NPO法人の活動報告を聞く銀行の担当者ら=東京都千代田区の全銀協の会議室で2019年10月21日
全銀協の説明会で、NPO法人の活動報告を聞く銀行の担当者ら=東京都千代田区の全銀協の会議室で2019年10月21日

 貧困状態に置かれた子どもたちの存在が大きな社会問題になっている。銀行の業界団体である全国銀行協会(全銀協)は2019年10月に、子どもの貧困問題への支援を検討する会合を初めて開催した。それから3カ月ほど経過し、全銀協は各行に活動状況のフォロー調査を行った。その中身を紹介する。

 昨年の全銀協の会合では、貧困状態にある子どもへの学習支援をしているNPO法人「Learning for All」の活動が紹介された。今回の調査で、米ステート・ストリート銀行が同法人に3万ドル(約330万円)を寄付する方向で検討していることが報告された。

 「子ども食堂」への寄付を検討している銀行もあった。国が設置した「子供の未来応援基金」を通じて、飲料…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1130文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。