イマドキ若者観察

人気の位置情報アプリZenly「恋人と共有しない」理由

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
若者に人気の地図アプリ「Zenly」。友人に自分の位置を知られることに抵抗感はないという
若者に人気の地図アプリ「Zenly」。友人に自分の位置を知られることに抵抗感はないという

 流行中のスマホの地図アプリ「Zenly」(ゼンリー)で、若者が互いの位置情報をチェックし、授業の代返、ランチ、電車の乗り過ごし防止などに利用している実態を前回、伝えました。

 中高年の大人の感覚からすれば、自分の位置を知らせて共有するなんてゾッとするでしょう。今回は、なぜ若者はこの地図アプリを使っているのかを解説します。

 「(友人に)位置を知られることに抵抗感はない。どうぞご勝手にって感じ。何知られてもいいし、どこにいるってわかってもいいし、私の情報どうぞって気持ちだもん」

 大学生の菜月さんは友人との位置情報共有についてこう話します。今の若者は、監視され…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1606文字)

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。