マンション・住宅最前線

65歳過ぎて実感「昔の高齢者」はミニマリストだった

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 昨年、めでたく65歳の誕生日を迎えた。世界保健機関(WHO)の定義によると、65歳以上がシニア(高齢者)に分類されるので、私も胸を張って、高齢者だと言えるようになった。そこで、シニアの住まいのあり方について、気づかされたことがある。

人間は忘れ物をする生き物

 シニアになると、よいこともある。が、悪いこともある。

 ここ数年、よく忘れ物をするようになった。先日も、駅前のラーメン・チェーン店に行き、小さなバッグをカ…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1151文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。