人生に必要な「おカネの設計」

「年金は本当にもらえる?」年収370万25歳女性の不満

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA美さん(25)は、私の友人の娘さんです。先日会う機会があり、健康保険と年金の社会保険制度について質問されました。A美さんは月数万円の社会保険料が給料から天引きされることに納得がいかず、「年金を受け取るのは何十年も先です。私たちの世代は給付額が減ると聞きます。そもそも年金は本当にもらえますか」と不満げです。

 社会人3年目でIT専門職のA美さんは、年収約370万円です。社会保険料や税金が差し引かれた手取りは…

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1601文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。