経済プレミア・トピックス

不正あったか?解明待たれる「三菱自ディーゼル疑惑」

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
三菱自動車はドイツ検察が指摘した疑惑はなかったと主張するが、真相は?
三菱自動車はドイツ検察が指摘した疑惑はなかったと主張するが、真相は?

 独フランクフルトの検察が2020年1月21日、三菱自動車工業のディーゼル車に不正な排ガス装置が装着された疑いがあるとして、独国内の関連施設を家宅捜索したことが波紋を広げている。

 三菱自は1月30日、「現時点においてフランクフルト検察が指摘するような不正があったと考えるべき理由はありません」とのコメントを発表。「対象車種は、いずれも排ガス規制を含め、法規にのっとり認証を取得して販売しております。すべての販売車両はドイツ連邦運輸局(KBA)の認可を得ております」とも記し、不正はなかったとの認識を示している。

 三菱自によると、ドイツ検察の捜査の対象となっているのは、…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1477文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部