経済プレミア・トピックス

給与伸びないのに「日本人の生活満足度」が上がる理由

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 日本は経済成長が低迷している。雇用者報酬も横ばい傾向で、日本人の所得は伸びを欠く。一方で、2000年代後半から日本人の“主観的な生活レベル”は向上しているという。統計指標の推移と合わない生活実感について、野村総合研究所の上級研究員、森健(たけし)氏が1月22日、日本記者クラブで語った。読み解く鍵は「デジタル」と「消費者余剰」だという。

 日本経済は統計指標で見ると、国内総生産(GDP)成長率がマイナスだった08~09年度のリーマン・ショック期を除き「停滞」が続いている。森氏は「この20年ほど、成長率は平均1%程度の低水準で推移し、雇用者報酬もこの数年は少し上昇基調にあるが、おおむね横ばいが続いている」と述べた。

 だが、野村総研が実施する「生活者1万人アンケート調査」では、日本人の意外な生活実…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1853文字)

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。