くらしを豊かにするテック

「プロスポーツのデータ解析最前線」指導や戦術が激変

中村祐介・エヌプラス代表取締役
  • 文字
  • 印刷
 
 

 スポーツ解析の最新事例などを発表する「スポーツ・アナリティクス・ジャパン2020」(SAJ2020)が今年2月1日、東京都千代田区で開かれた。近年、スポーツの世界は、データによって可視化されつつある。個々のスポーツ選手はトレーニングにデータを取り入れ、チームスポーツでは試合における戦術やチームのマネジメントに生かされるケースが増えている。実際にどんな変化が起きているのかを報告する。

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文1937文字)

中村祐介

エヌプラス代表取締役

編集記者職を経て、主としてデジタル領域の戦略とクリエーティブを行うエヌプラスを創業し、現職。一般社団法人おにぎり協会代表理事、一般社団法人日本編集部代表理事も務める。食生活ジャーナリストの会所属。