知ってトクするモバイルライフ

米国制裁下のファーウェイ「グーグル抜き」の勝算

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
オンライン発表会でメイトXsなどを発表したファーウェイの余承東・最高経営責任者
オンライン発表会でメイトXsなどを発表したファーウェイの余承東・最高経営責任者

 携帯電話や通信技術で世界最大の見本市の「MWCバルセロナ」が、新型コロナウイルスの影響を懸念して中止になった。この展示会に向け新製品や新サービスを準備していたメーカー各社は、相次いでオンラインでの発表に切り替えている。

 スマートフォンの世界シェア2位の中国ファーウェイも2月24日、オンラインで発表会を開催。スマホやタブレット、ルーターなどの新製品を一挙に発表した。ファーウェイはスマートフォンを軸に、パソコン、タブレット、スマートウオッチなど連携する7分野の商品を強化する戦略をとっている。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1577文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。