人生100年時代のライフ&マネー

つみたてNISA選定基準に学ぶ「投信選び」のキホン

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 個人で買える投資信託は約6000本。資産形成に効果的とされる「長期・積み立て・分散」投資を始める場合、何を基準に選べばいいのだろうか。積み立て型少額投資非課税制度「つみたてNISA」の選定基準を手掛かりに考えよう。

 つみたてNISAは、対象商品を「長期・積み立て・分散」に適した約170本に絞ったのが特徴だ。対象商品はまず、三つの要件を満たす必要がある。それから確認しよう。

 第一に「信託期間」が20年以上か無期限であること。信託期間とは運用を終えるまでの予定期間をいう。つみたてNISAは最長20年保有できるため、途中で運用が終了しない前提だ。

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文1915文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。