知ってトクするモバイルライフ

楽天モバイルが4月開始「エリアがスカスカ」大丈夫?

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「衝撃的なプライシング」と自信をのぞかせた三木谷・会長兼CEO
「衝撃的なプライシング」と自信をのぞかせた三木谷・会長兼CEO

 楽天モバイルは、4月8日から開始する本サービスの料金を発表(3月3日)した。一般的な携帯電話事業者とは異なり、料金プランは、月2980円でデータ通信や音声通話が使い放題になる「アンリミット」プランの一択。同社の三木谷浩史・会長兼CEO(最高経営責任者)は「衝撃的なプライシング」と自信をのぞかせた。

 競合他社で同様の使い放題を実現しているのはauだけだが、価格は7480円。家族契約や光回線の割引を含めても5480円で、楽天のアンリミットプランの価格はそれを大きく下回る。携帯電話のネットワーク設備に使う専用機器を、汎用のコンピューター上で動くソフトウエアで置き換えた「仮想化」でコストを下げ、この価格を実現したという。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1429文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。