知っておきたい住宅・不動産

新型コロナ「住宅工事遅れ」より深刻な“品質の問題”

さくら事務所・個人向け不動産コンサルティング
  • 文字
  • 印刷
 
 

 マイホームは一生のなかでも大きな買い物。ライフスタイルに合った住まいに出合い、資産価値を守りながら、長く快適に暮らしたいものです。個人向け不動産コンサルティングで豊富な実績を持つ「さくら事務所」の各種専門家が「不動産の達人」の視点から住まいのお役立ち情報を提供していきます。

 新型コロナウイルスの感染が拡大している。学校の休校など市民生活に大きな影響が及ぶ中、新築住宅工事、特に一戸建ての現場にもその影響が出ている。

 中国国内での感染拡大を受け、中国に生産拠点を持つ多くの住宅設備メーカーで部品供給が停滞しているためだ。ユニットバス、システムキッチン、トイレなど多くの住宅設備や建材がその影響を受けている。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1761文字)

さくら事務所

個人向け不動産コンサルティング

業界初の個人向け総合不動産コンサルティングサービス会社として1999年設立。本社は東京都渋谷区。住まいの「かかりつけのお医者さん」である住宅診断(ホームインスペクション)のパイオニアで、4万7000件超と国内トップの実績。マンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関するアドバイスなども広く提供している。