人生に必要な「おカネの設計」

30代共働きの貯蓄「妻700万で夫ゼロ」どうする?

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A美さん(33)とB太さん(35)夫妻はともに会社員で、結婚3年目です。A美さんは昨年第一子を出産し、最近職場復帰しました。今後はマイホームを購入するためにも貯蓄をしていきたいのですが、B太さんが協力的でなく、どうすればいいかと私のところに相談に来ました。

 もともとA美さんは無駄遣いが嫌いです。独身時代から計画的に貯蓄してきた預金が約700万円あります。一方、B太さんは無計画にお金を使う癖があり、貯蓄はほとんどないそうです。A美さん夫妻はそれぞれが自分で財布を管理し、手取り年収約320万円のA美さんが月11万円、同約400万円のB太さんが月17万円を生活費として出し合っていました。

 A美さんは子供が生まれたのを機会に、「家計を共有して互いに小遣い制にしよう」とB太さんに提案しました。しかし、近くに住むB太さんの両親が日中子供を預かり、保育園の費用がかからないため、B太さんは自身の出費を減らす気がないようです。しばしば家計の管理を巡って口論になるといいます。

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1684文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。