キャリアセンター ここだけの話!?

就活「ウェブ方式」の限界と“内々定取り消し”の不安

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新年度に入った。世の中全体がそうだが、私たちがかかわる大学の就活支援も新型コロナウイルスに振り回されている。

 まず、企業の大半が対面での面接選考をウェブ方式に切り替えた。ただ、テレワークに移行する企業が増える中でも、ウェブ面接に関しては、個人情報管理の問題もあり、採用担当者が自宅からオンラインで面接することを認めていない企業が多い。

 その結果、何が起きるかといえば、採用・選考スケジュールの後ろ倒しである。就活生は企業の採用担当者から面接の連絡が来るのを、ひたすら待たなければならない。そもそものエントリーシートの提出も後ろ倒しになっている。ある企業では、元々4月中旬の提出期限が、いきなり2週間延期になっていた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1255文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。