キャリアセンター ここだけの話!?

新型コロナ禍で就活生に悲鳴「採用計画縮小するのか」

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府の緊急事態宣言が出され、自粛要請が厳しくなるに連れて、就活生、私たち大学の就活支援部署ともに「身動きが取れない」状態が続いている。少なくとも、5月の連休明けまでは「学園封鎖」が続くことも確実で、その後も見通しが立っていない。

エントリーシートの添削ができない

 就活について、新聞やネットでは「企業説明会の中止」「ウェブ面接」「選考の延期」「苦悩する就活生」などといった内容の記事が次々と出てくる。まさしく今、その通りのことが私たちの目の前で起きている。

 私が勤務する大学は東京都内にあり、小池百合子都知事による休業要請先には大学も含まれていた。「職場の8割は自宅勤務にしてほしい」という要請は、あたかも「義務」のようになり、私たちの出勤も思うようにならなくなった。

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1241文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。