経済プレミアインタビュー

水野和夫氏「国が頼りないなら“財界総理”の出番?」

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
水野和夫さん(田中学撮影)
水野和夫さん(田中学撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大が、人々の生活、経済に大きな影響を与えている。政府の対策は妥当か、今後の日本経済はどうなるのか。法政大学の水野和夫教授に聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部、平野純一】

 --政府の取り組みをどう見ていますか。

 ◆水野和夫さん 政府の対策は「二兎追う者は一兎も得ず」の典型です。まずは国民の命が大切なのだから、感染拡大を食い止めるのが先です。感染拡大が続く限り経済再生などありえないわけで、まずやるべきは、厳しい外出自粛や医療体制全般の整備です。そもそも政府の担当者が西村康稔経済再生担当相で、経済担当の人がやっていることが、人命より経済という政府の姿勢を物語っています。

 --外出自粛を徹底するためには政府の経済的な支援が必要ですが、政府の動きはどうですか。

 ◆経済支援はスピードが大切です。放っておけば、飲食店、ホテル・旅館、運輸関連企業などはどんどん潰れていくでしょう。倒産してから、あるいは店主や経営者が廃業しようと決断した後に、おカネが届いても何の意味もありません。

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1895文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。