経済プレミアインタビュー

金子勝氏「危機の時こそ新しい産業が生まれる」

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
金子勝・立教大特任教授=東京都豊島区で2019年8月23日、吉田航太撮影
金子勝・立教大特任教授=東京都豊島区で2019年8月23日、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスをめぐる金子勝・立教大学特任教授へのインタビューは、出口が見えない現状をいかに克服すべきかに話が及んだ。金子氏は「歴史的危機の今こそ、日本は産業転換を考えるべきだ」と述べた。【聞き手は経済プレミア編集長・川口雅浩】

金子勝・立教大特任教授に聞く(3)

 ――新型コロナウイルスとの闘いはしばらく続きそうですが、私たちは今、何をすべきでしょうか。

 ◆金子勝さん 長期的な闘いを私たち自身が考えなくてはいけません。新しい技術で産業を転換して、内需を拡大しながら、新しいグローバル秩序を作っていく準備をすべきです。ひたすら金融緩和をして、株価が上がればよい、不動産が上がればよいというような発想では社会がもちません。

 ――これまでの経済政策の延長ではいけないということですね。

 ◆日本はオイルショック以降の幾多の経済危機から、多くは円安や賃下げによる輸出主導で回復してきました。しかし、…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1635文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部