鉄道カメラマン見聞録

「ブルトレで脚光」電気機関車の“花形”EF65の雄姿

金盛正樹・鉄道カメラマン
  • 文字
  • 印刷
かつてブルートレインを引き、鉄道誌のグラビアを飾ったこのEF65 501はJR東日本が保存しており、現在唯一稼働するP形だ=群馬県の上越線・渋川-敷島間で2008年4月24日、金盛正樹撮影(イカロス出版「jトレイン」から)
かつてブルートレインを引き、鉄道誌のグラビアを飾ったこのEF65 501はJR東日本が保存しており、現在唯一稼働するP形だ=群馬県の上越線・渋川-敷島間で2008年4月24日、金盛正樹撮影(イカロス出版「jトレイン」から)

 鉄道カメラマンの私の半生には、いつも電気機関車がそばにいたので、これにまつわる話題は尽きません。これまで私が見続けてきた電気機関車に、1965年登場のEF65があります。

 直流電気機関車のいわばスタンダード機と言えるもので、東海道・山陽線をはじめ、中央線、東北線、上越線など、広く直流電化区間で見られた機関車です。EF65には貨物用の0番台「一般形」、寝台特急用の500番台「P形」、高速貨物用の500番台「F形」、客貨両用の1000番台「PF形」という四つの区分がありました。

 67年生まれの私が小学生だった70年代後半には「ブルートレインブーム」があり、寝台特急を扱ったテレビ番組が放映されたり、書籍が多数発売されたりと盛り上がった時期がありました。ちょうどその時、さっそうと寝台特急の先頭に立っていたのがEF65のP形だったのです。

 当時の子供たちにとって、特急用のP形はスターでした。しかし…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1442文字)

金盛正樹

鉄道カメラマン

 1967年神戸市生まれ。千葉大学工学部画像工学科卒業後、商業写真プロダクション「ササキスタジオ」に7年間在籍。1996年からフリー。鉄道専門誌や一般誌に写真を発表している。「鉄道と名のつくものは、実物から模型、おもちゃまで何でも撮影する」がモットー。日本鉄道写真作家協会(JRPS)会員。鉄道と同じくらいクルマも好きで、愛車はスズキジムニー。機械式カメラ、日本史、日本刀など趣味多数。