職場のトラブルどう防ぐ?

コロナ換気で38歳女性が当惑「隣のビルの屋外喫煙所」

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A子さん(38)は、都心部にある宅配業者の集配所で受付業務を担当しています。集配所は雑居ビルが建ち並ぶ一角にあります。最近、隣のオフィスビルの屋外に喫煙所が設けられたことで、集配所の中にたばこの煙が入ってくるようになり困っています。

喫煙所からたばこの煙

 A子さんが勤務する集配所は、路地の突き当たりに入り口がある特殊な構造です。窓も路地側にしかありません。

 3月に新型コロナウイルスの感染を防止するための外出自粛要請が出てから、宅配便の取扱量は増加しています。集配所への人の出入りも増えたため、窓や入り口は換気のために開けておくようにしていました。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1422文字)

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/