人生に必要な「おカネの設計」

テレワークで「夫の小遣い4万→1万円」コロナ禍の家計

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスの影響でテレワーク(在宅勤務)をする人が増え、食費や日用品への出費が増加している家計が多くなっています。先日、オンラインで相談を受けた会社員のA太さん(35)には「4月の我が家の食費が約3割アップしたため、私の小遣いが減らされました。これをどう考えればいいでしょうか」と聞かれました。

 A太さんは、専業主婦の妻(35)と3歳の子供との3人暮らしです。手取り年収の2割を貯蓄に回していて、月の使えるお金は約38万円です。A太さんの普段の小遣いは月4万円で、平日のランチ代や同僚との飲み代などに使っていました。家計に占める小遣いの割合は約1割で妥当だといえます。

 A太さんは、外出自粛の要請が出た3月半ばからテレワークをするようになりました。それ以降、家族3人が自宅で毎日3食をとるようになり、食費が増えました。妻からは「平日のランチ代を家で食べる分に充てるのだから、小遣いを減らして当然でしょう」と言われ、5月分の小遣いが1万円になったそうです。

 毎月の小遣いの額をいくらにするかは、家計を管理する際に夫婦で大きな議論になることです。この問題は妥協点を見つけていくしかありませんが、私は多くの家計相談を受けてきた経験から、三つのポイントがあると考えています。

 一つめは、臨機応変に対応することです。

 私が勧める家計管理の方法は、まず年間の収支計画を立てることです。必要貯蓄額と、旅行代や冠婚葬祭費などの臨時支出を確保し、残りを12カ月で割ってひと月の支出の上限を決めます。そして支出は、「生活に必要な支出」「自己投資の支出」「心を豊かにする支出」に分けて予算を決めます。

 「生活に必要な支…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1742文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。