カリスマ転落

「赤字6700億円」日産を待ち受ける“厳冬の3年間”

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
インターネットを通じて決算内容を説明する日産自動車の内田誠社長=5月28日
インターネットを通じて決算内容を説明する日産自動車の内田誠社長=5月28日

 日産自動車は5月28日、最終(当期)赤字が6712億円の2019年度連結決算を発表した。この赤字はリーマン・ショック後の08年度の2337億円を大きく上回り、仏ルノーの傘下に入った20年前の99年度の6843億円に匹敵する巨額に膨らんだ。

 20年前の危機の際は、カルロス・ゴーン前会長が“再建請負人”として乗り込んだ。そして「00年度までに黒字化する」を必達目標として掲げ、「V字回復」を果たした。いま日産を率いる内田誠社長は、再建に向けた道筋をどう描き、いつ“黒字化”を果たそうとしているのか。

第一の手がかり「世界全体の販売台数」

 内田社長は28日の決算記者会見で、20年度の業績予想は「未定」とし、黒字化の時期も示さなかった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で生産、販売が急激に落ち込んでいる。「V字回復」どころか、どこまで業績が落ち込むか、現時点では見通しが立たないからだ。

 では、日産はこの先、赤字決算が何年も続くのか。それとも、公表はしなかったが、1~2年先には赤字を抜け出せると…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1436文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。