カリスマ転落

日産再建へ気になる男「ナンバー2・グプタ氏」

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
決算会見で説明する日産自動車のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)=5月28日
決算会見で説明する日産自動車のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)=5月28日

 業績悪化に歯止めがかからない日産自動車で、気になる経営者がいる。昨年12月に最高執行責任者(COO)に就任したアシュワニ・グプタ氏(49)だ。グプタ氏は5月28日に行われた2019年度決算会見で、日産再建のカギとなる米国、中国市場の戦略をそつなく説明してみせた。

 グプタ氏はインド生まれ。28日の会見ではひげもじゃの独特の風貌で壇上に上がり、最高経営責任者(CEO)を務める内田誠社長(53)の隣に座った。ナンバー2として内田氏を支え、日産の世界での事業執行の最高責任者だ。

 仏ルノーのインド法人に入社。その後ルノー・日産の共同購買などを担当し、次第に頭角を現した。19年4月に三菱自動車のナンバー3であるCOOに就任した。ほどなくルノーの後押しで日産に移って半年がたつ。

 28日の決算会見は、日産が「内田新体制」として初めて再建計画を打ち出す場だった。内田氏が決算と海外工場閉鎖などを盛り込んだ中期経営計画を説明した後、グプタ氏らが加わり報道陣との質疑を行った。そこで、米国と中国での戦略や、三菱との提携強化策を詳しく説明したのはグプタ氏だった。

 まず米国市場では、今後2年4カ月で新型車8車種を発売して商品力を高め、販売代理店との信頼回復をはかると述べた。中国市場では2台目を購入する顧客への商品に重点を当てていると説明。また、東南アジアではインドネシア工場を閉鎖する代わりに三菱の現地工場を活…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1363文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。