経済プレミア・トピックス

「そこに彼氏いる?」ウェブ会議で困ったテレハラ上司

毎日新聞経済部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 ウェブ会議の画面などを通じて部下らを不快にさせる「テレワークハラスメント」(テレハラ)が問題化している。テレワークは新型コロナウイルスの感染拡大を契機に浸透したが、慣れない「おじさん上司」が、垣間見た相手のプライベートに言及する構図が多い。企業にとって見逃せないリスクとなり、訴えられた場合の弁護士費用などを補償する保険商品も登場した。【三上剛輝、古屋敷尚子】

 東京都内の通信会社に勤務する女性会社員(35)は、ウェブ会議が終わって画面からの退出が遅れたところ、同じ画面に残っていた男性上司から「俺とウェブ飲みをしたくて残ってたんだろ? 飲んじゃおうか」と誘われた。

 この上司は他にも「今日はすっぴんなんだね」「間取りは1K? その部屋に今、彼氏もいるんじゃないの?」と笑いながらセクハラ発言を繰り返したという。女性は「普段からセクハラ発言をする人物だが、ウェブ会議をするようになって拍車がかかった」と憤る。

 東京都内在住でコンサルティング会社に勤務する男性(36)は、ウェブ会議の最中に…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1091文字)

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。