経済プレミア・トピックス

コロナのせい?「働きたいのに働けない」高齢者のなぜ

毎日新聞経済部
  • 文字
  • 印刷
コンビニでは高齢の従業員の離職が増えている(本文とは関係ありません)=関東地方のコンビニで2019年3月、太田敦子撮影
コンビニでは高齢の従業員の離職が増えている(本文とは関係ありません)=関東地方のコンビニで2019年3月、太田敦子撮影

 新型コロナウイルスによって、働く高齢者の数が大きく減っている。若者に比べて感染すると重症化するリスクが高く、健康不安から自ら退職するケースも相次いだようだ。政府は「人生100年時代」を掲げて高齢者の就労を促してきたが、新型コロナで風景が一変。人との接触が敬遠されデジタル化も進む中で、高齢者が働く場所はどう変わっていくのだろうか。【本橋敦子】

 新型コロナの感染拡大が続いていた5月、埼玉県の大手コンビニチェーン店では、60代の女性従業員2人が相次いで退職した。店主の女性(45)は4月、そのうち1人から「休めないことを家族が心配している」と打ち明けられていた。

 店主の女性は「新型コロナが原因だと思う。感染のリスクがあっても出勤せざるを得なかったことが離職の理由だろう」と推測。現在、早朝や昼の時間帯に働ける従業員を募集しているが、これまで応募が多かった高齢者や主婦層からの反応がない。「感染拡大中も営業を続けなければならなかったコンビニは今後、敬遠されるだろう」とため息をつく。

 高齢者は若者に比べて感染後の重症化リスクが高く、就労への不安につながっている。厚生労働省のまとめ(6月10日時点)では、国内の新型コロナ感染者のうち、入院治療などを必要とする重症者の割合は…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1724文字)

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。