関西電力の闇

関西電力株主「脱原発しないとまた不祥事」総会で迫る

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
株主からの質問の「発言時間」を正面スクリーン上に表示した関西電力の株主総会=6月25日(ユーチューブから)
株主からの質問の「発言時間」を正面スクリーン上に表示した関西電力の株主総会=6月25日(ユーチューブから)

 関西電力の定時株主総会が6月25日、大阪市内の会議場施設で開かれた。金品受領問題が発覚してから初の株主総会で、冒頭、森本孝社長が「(金品問題で)多大なご迷惑とご心配をおかけしました。株主のみなさまには誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます」と陳謝した。

 壇上に座った役員は新型コロナウイルス対策で全員マスクを着用。森本氏の陳謝発言と同時に一斉に立ち上がり、全員が5秒前後にわたって深々と頭を下げた。ただ、頭を上げて座るタイミングはバラバラだった。

 昨年9月、会長、社長(いずれも辞任)ら多数の幹部が福井県高浜町の元助役(故人)から金品を受け取っていた問題が発覚。内部で調査を行ったのに、社外には隠していたことも加わり、法令順守や企業統治(ガバナンス)が問われた。

 この日、会社側は役員人事など3議案を提案。一方、株主側は「脱原発」や「核燃料の再処理禁止」を定款に盛り込むことや、全役員の報酬開示、総会の議事録といった情報開示を求める議案など26議案を提出した。

 大阪市、京都市、神戸市の3市も株主として脱原発などの提案を行った。3市の代理人となった河合弘之弁護士が提案説明を行い、「関西電力は早く脱…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1266文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。