人生に必要な「おカネの設計」

50代夫婦「住宅ローン完済」でも不安な老後のお金

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA夫さん(58)と妻でパートのB江さん(57)は「リタイア後の生活が不安」という理由で私のところに相談に来ました。A夫さんは60歳の定年後は継続雇用で65歳まで働く予定です。ただ、年に1度送られてくる「ねんきん定期便」に記載の年金見込み額では生活が心もとないと言います。

 A夫さんとB江さん夫婦のそれぞれの「ねんきん定期便」の見込み額は合わせて年299万円です。月約25万円で、税金などを差し引くと手取りで月約21万円です。年金の繰り下げ受給も選択肢に含めて、老後の生活設計を考えたいそうです。

 まず、A夫さん夫妻の状況を確認しました。A夫さんの現在の手取り年収は約605万円で、生活費は月約50万円です。B江さんのパート収入の年80万円はすべて貯蓄しています。子供が2人いますが、すでに独立しており、住宅ローンも60歳で完済する予定です。貯蓄額は、見込みの退職金約1000万円を含めて、60歳時点で約1800万円です。

 老後の生活費は、下の「老後設計の基本公式」で計画していくことができます。公的年金をベースに、それまでの貯蓄や退職金、私的年金である確定拠出年金などを含めて計算します。

 1年間の取り崩し額 =(時価の資産額 - 最晩年想定資産額)/ 想定余命年数

 「1年間の取り崩し額」に「公的年金(企業年金などがあれば加算)」を足せば「年間の生活費」になります。

 現在、A夫さんが想定している65歳でリタイアした場合で、具体的に月の生活費がいくらになるかを計算してみました。

 65歳時点の時価の資産額は約2200万円と想定します。そのうち終身保険が夫婦それぞれ200万円あり、それを葬式代として最晩年想定資産…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1711文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。